肥満ではなく、その太さはむくみだった事が判明

ダイエットが必要なBMI値

BMI値とは、正式には「ボディマス指数」と呼ばれるもので、人間の身長と体重の関係から計算される肥満度を表す体格指数のことを言います。
BMI値の出し方は簡単で、まず身長をメートルに直して(170センチの人は1.7メートル)それで体重(キログラム)を2回割ります。

例えば、身長170センチ・体重65キロの人のBMI値は、
65÷1.7÷1.7≒22.5
という計算式から、22.5となります。

基本的にBMI値が大きいほど太っていると言うことができるのですが、どのくらいの数値であれば肥満とするかは国によって違っています。
日本では、統計上もっとも病気にかかりにくいとされるBMI値22を標準として、25以上なら肥満、18.5未満なら低体重(痩せ型)とされています。

アメリカでは、標準より少し太っている(BMI値25~34くらい)ほうが死亡リスクが少し低くなり、35を超えると逆に一気に死亡リスクが高まる、という研究もありますが、一般的に肥満は糖尿病や心疾患、がんなど様々な健康上のリスクを上昇させることを考えると、健康上すぐにでもダイエットが必要なBMI値は30以上で、25~29くらいならそろそろダイエットを始めるか、くらいの数値と言うことが出来ます(実際には隠れ肥満などもあるので、体脂肪率なども考慮してダイエットするかどうか決める必要があります)。

もちろん、これは主に健康面を考えたときの話で、「BMI値が標準だけどなぜかデブに見える」「もう少し美しく見える体形にしたい」と美容面を考える方はもう少し痩せたいと考えるでしょう。
BMI値が30以上になると目に見えて「デブ」な体系になってきますし、25~29くらいでもお腹にお肉が目立つ体形になるのが一般的なので、美容面を気にするなら、BMI値が25を超えたらダイエットの必要ありと考えるのが良いでしょう。
BMI値20程度がもっとも美しく見える「美容体重」とする向きもありますが、それ以上BMI値を下げるとさすがに健康が心配になってくるので注意してください。

一週間で5キロ痩せる方法

海やプールに行く前など一週間で5キロダイエットするなどといった短期的なダイエット目標を立てる方がいます。
確かに5キロも減れば見た目やスタイルも変わってきますが、短期間のダイエットはやり方を間違えると健康を害してしまうほど負担の大きいものですし、リバウンドしやすいということもまず理解しておきましょう。

一週間で5キロ痩せるという短期間でのダイエットに必要なことは、運動と食事制限です。
ダイエットの基本はカロリーを消費することですが、短期間で痩せたいなら運動で消費カロリーを上げるとともに、食事制限で摂取カロリーを減らすことも重要となってきます。

運動でおすすめなのが全身を使った有酸素運動です。
特に、水泳は水の抵抗があるぶん、消費カロリーが他の運動と比べても非常に多いので効果は抜群と言えます。
泳げない人でも、プールでウォーキングするだけでも結構な運動量になります。

それ以外ではウォーキング、ランニングや縄跳びなど。
脂肪は20分以上運動することで燃えやすくなるので、最低でも20分以上は連続して行いましょう。

また、ストレッチや筋トレも重要です。
運動前のストレッチは関節を柔らかくすることで運動効率を上げ、筋トレは急なダイエットでたるんだ皮膚のたるみを抑える効果があります。

食事では、まず「夜は食べない」ということを厳守してください。
特に夜10時以降の食事は脂肪が付きやすくなります。
短期間でのダイエットでは摂取カロリーも気にする必要があります。
目安として1日1200kcal(400kcal×3食)とするのが良いかと思います。
ご飯などの炭水化物を減らすことも効果的ですが、ダイエット中は必要な栄養素が足りなくなることも多いので、意識してバランスの良い食事をする必要があります。
野菜や果物、ヨーグルトなどを上手く活用しましょう。
もちろん、間食はご法度です。

なお、ダイエット後もしばらく食事は少なめにしましょう。
すぐに元の量に戻すと、リバウンドしやすくなります。

人気ランキング